場所はNYの「紅や」というバー。時代は2012年。
和服を着たミミ(篠井英介)から始まる。
「紅や」を舞台に2012年から1945年の出会いまで時代をさかのぼり、ベニイとミミとジュンの三人の人生が、だんだんと明らかになっていく。

いつになく、シリアスというか、真面目路線。
三人の丁々発止のやり取りが心地いい。
三人がそれぞれの人生を生き、影響されながら少しずつ考えが変わっていったんだなと思うと、年を取るのって悪くないって思えます。
それにしても篠井さんキレイだなあ。
ジョーの結婚式でみんなで肌襦袢でうろうろするところなんか、かわいくて悶絶しそうになった。
そして一番ビックリしたのはあっちゃんの男装が非常に違和感があるってこと(爆)。

公演:3軒茶屋婦人会「紅姉妹」
場所:紀伊國屋ホール
日程:4月21日~4月29日
作:わかぎゑふ
演出:G2&3軒茶屋婦人会
出演:篠井英介・深沢敦・大谷亮介
座席:E列右ブロック 5,800円
時間:2時間

関係あるかもしれないAmazonへのリンク

「3軒茶屋婦人会「紅姉妹」」へのトラックバック

当サイトのトラックバックに対する考え方

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 3軒茶屋婦人会「紅姉妹」

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメントする

 

Monthly List

Tag Clouds